ストレッチってどうなの?

必要な運動を知る

健康のため、ダイエットのための運動。
どれがあなたに適しているか考えたことがあるでしょうか?
痩せたいと思って軽いジョギングを始めてもなかなか痩せないという方もいます。
徐々に体重が減っていき、サイズダウンにつながり健康診断の数値が下がればそれはそれでOKです。
成功したと言ってもいいでしょう。

でも本当に何も変わらないのなら運動法を選んだほうがいいと思います。
それによって体の故障を防ぐこともできるからです。

なかなか効果が出ないというのならストレッチ系の運動からはじめるのもオススメです。
特に肩こりや腰痛がある場合一般の運動よりもストレッチ系の方がオススメなのです。

ダイエットのために体を動かすなら

ダンスやストレッチ、歩く、ランニングするなんでもいいのですが、ダイエットのために体を動かすなら意識して行うことと、正しくからだを動かすのが基本です。
そうすることで効果的に痩せていくことができる、体が締まってくるというものとなります。

ストレッチの場合、急いて動かすということを避けます。
ゆっくりとした動作をすることで痩せたい部分に負荷をかけることができます。
ゆっくりと足をあげる、ゆっくりと足を下げるといった感じです。
早く動けば良いというものではないということです。
また、痩せたい部分に意識を集中させることでその部分の筋肉を使っていると実感することができるのです。

健康のために体を動かすなら-筋肉を柔らかく

肩こりは筋肉が固まっている状態ですからそれをいくら撫でてもあまり意味がありません。
やはり縮まった筋肉を伸ばすにはストレッチが一番です。
日常で5分間だけでもストレッチをすることで大幅に効果が期待できます。

要は体をほぐすことのようです

体の痛みが一発で治ったらいいですよね。
でも整骨とか整体でも歪んだ部分を一時的に治しても、その方の癖や生活習慣で元に戻ることが多く、治療も一回で終わらないケースも有ります。
そのため何度も通う、自分で癖を治す、生活習慣を改善することが必要なのです。

でも一番大切なのは体をほぐすことなのだそうです。
凝り固まった部分をつねにほぐしてあげるということなのですね。

でも自分ではうまくいかないこともあります。
その時に取り入れたいのがストレッチなのです。
正しいストレッチを取り入れることで体の痛みが軽減される方は多いと聞きます。

ストレッチを覚えると体が楽

正しいストレッチ法を学ぶと腰痛や肩こりが軽減します。
こったなとおもった時にそれを実践することでも痛みが緩和されることがわかりますが、普段から時間を決めてストレッチを行うのも良いことです。

人は朝起きると活動を開始しますね?
それからは体はリラックス時以外は常に動いています。
つまりなんらかの運動をしているということになるのです。

それに対する準備運動と考えればストレッチは習慣化されるかと思います。

続きを読む