歯周病…大丈夫?

抜けた歯のその後

抜けた歯をそのままにしておくと、抜けた歯の隣の歯が傾いてしまい、歯並びが悪くなるのはもちろん、かみ合わせに悪影響を及ぼし、歯周病の原因や顎関節症になる恐れもあります。
第3の歯とも言われるインプラントによって、抜けた歯の歯茎に人工歯根を埋め込み、自分の歯と同じような感覚で噛める歯を取り戻すことが可能です。

バイオフィルム

バイオフィルムとは、まだ私たちにとって聞き慣れない言葉ですが、簡単に言うと、複数の細菌が重なり合って粘性のある膜状の集合体として、ある固体の表面に付着した状態のこと。例えば、キッチンの排水口や下水管に付いたヌルヌルした膜もバイオフィルムの仲間です。

歯周病は、このバイオフィルムが口の中の特に歯の表面に付着し、どんどん大きくなって、歯と歯ぐきの間を抜けて、歯槽骨(しそうこつ)まで到達し、歯を土台から蝕んでいく病気です。

バイオフィルムと歯周病の関係

バイオフィルムが増殖すれば、歯周病の悪化を引き起こすのです。
特に30代以降になると、歯と歯ぐきの間に隙間ができたり、歯ぐきが痩せてきたりするほか、免疫力も低下し、唾液の分泌量も減っていくので細菌が繁殖しやすくなり、バイオフィルムが増殖しやすい環境になりがちです。
歯周病は時間をかけて進行する病気で、一度かかってしまったら治らないと誤解している人も多いようです。しかし実際のところは、初期段階であればバイオフィルムを徹底的に除去するなど、適切なケアをすれば治ります。

成人の80パーセントが歯周病

歯を失う原因で最も多いのが歯周病なのです。
生活習慣病と言われる歯周病は、初期のものを含めると成人の80%以上がかかっているのだそうです。
日頃の仕事の忙しさに任せて、暴飲暴食や不規則な生活など、日常の生活習慣の乱れが歯周病につながりますので、毎日のチェックが重要ですね。

女性の歯周病

歯周病の直接の原因は、細菌感染ですが、細菌感染によって歯周病が発症しひどくなってしまう人は、必ずかかりやすさの因子をたくさんもっています。
実は、女性であることはそれだけでかかりやすさの因子なのです。その原因は女性ホルモンで、 主に月経、更年期などに分泌が盛んになっている時は注意が必要ですね。

妊婦と歯周病

歯周病が未熟児出産や早産を引き起こす可能性があるのはご存知でしょうか。
妊娠初期のつわりのひどい時期は歯ブラシを口に入れただけで吐き気をもよおすことも多く、どうしても歯みがきが怠りがちになり、歯周病になりやすい状態なのです。
妊娠性歯肉炎は妊娠末期になれば自然におさまりますが、その間に歯を支える組織の破壊がすすんでしまいます。
早産は増加する傾向にあり、今や、早産になる歯周病の確率は、喫煙や飲酒よりも高いと考えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です